カワキタの経歴と方針

 

1・葬儀用車両へのかかわり

 

カワキタ代表とカワキタ社員は、以前、富山市本社の自動車販売会社に長年にわたり勤務致しておりました。

その当時の1994年に、地元葬儀社様から「米国製バン型霊柩車の輸入要望」があり、初めて葬儀用車両にかかわりを持ちました。

以前会社は「個人向け営業がほぼ100%」でした為、まったく新規として「現カワキタ代表が当時、社内部門起業」をした経緯でございます。

 

 

2・米国製霊柩車の輸入から自前製造への切り替え

当初は米国製霊柩車の輸入販売でございましたが、当時の米国製霊柩車はトラブルが多発。以前会社は自動車販売を主軸としておりましたが、一部、改造事業も営んでおり現カワキタ代表が「改造事業部・取締役部門長」であった経緯から日本職人による自前製造へ着手した経緯でございます。

「特装・特販課」と名付け「販売・製造ともに全くゼロからの立ち上げ」でございましたが、技術向上と販売に向けて、全国行脚を積み重ね、約15年後の2014年頃には、全国に約200社の葬儀事業社様とのお取引ができるまでに部門成長をさせていただきました。

 

3・(株)カワキタの創業

2014年、30年以上勤務した以前会社を退職し、カワキタを創業。それを受けまして以前会社特装課の販売員&製造員の方々も、それぞれ個人の仕事観や将来性を熟慮の上でカワキタへ転職。以前に立ち返り、再度の立ち上げを行い全国行脚を開始。

お蔭様で「長年のルートセールスの糧と実績」により、私共の思う以上のご用命やご支援をいただく事ができ、創業当初から順調な受注・製造を開始。現在も一歩づつの成長をさせていただいております。

4・カワキタ経営方針

 

経営方針として「経費体質の低い謙虚な運営で安定経営を常に留意し、顧客様への末永いお取引とアフターサービスのご提供」を掲げております。

釈迦に説法ではありますが、葬儀事業車両へのメンテナンスは特に重要で、いつ、いかなる時にでも対応できる企業体質が肝心です。カワキタでは効率的経営を身上としつつ、高品質&リーズナブルな車両のご提供にも最善を尽くしてまいります。

 

 

5・カワキタ現況

カワキタでは自社物件の敷地(約2200坪・7260㎡)に3棟の工場(計620坪・2050㎡)と2階建て事務所棟を有します。*葬儀用車両専門会社としては業界NO1の規模です。工作機械類では「レーザー加工機や、大型尺折曲機などの高度な各種機械」を完備。

効率的で低コストを実現できる内製体系を整えております。

加えまして、在籍技術者も熟練工が占めており多能工化を推進。すべての工程を「敷地内での一貫した製造体制」を確立。

こうした背景をバックボーンとして、常に損益分岐点の低い謙虚な経営に留意し「高品質、且つ、リーズナルな商品」のお届けに社員一同努力をいたしております。

​更なるご用命を、心からお待ち申し上げております。

最新鋭2次元CO2レーザ加工機

最新鋭長尺折曲機